新 着 情 報 [お知らせ]

2015-06-27 20:52:00

京都では六月三十日は水無月を食べる日です。

これは一年のちょうど折り返しにあたるこの日に
半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災

祈願する神事「夏越祓」に関係があります。

 

三角は氷室の氷を表し、上に散らした小豆には

厄除けの願いがこめられています。

 

土台となる三角形の外郎生地には本葛が入り、むっちり プルンとした食感がお愉しみいただけます。

上には柔らかく炊いた北海道産大納言小豆をたっぷりとのせました。

 

和三盆糖のやわらかな甘みにお米の風味がほんのりする水無月。

波照間産の黒糖をたっぷり使ったコクのある黒水無月。

 

無病息災を願い、これから来る暑い夏を無事に越す ための行事食として御賞味下さい。

 

水無月は6月30日(火)までの販売でございます。
(数に限りがございますので、出来るだけご予約を お願いいたします。)

 

 京都西陣の御菓子司愛信堂